トピックス

第67回全国学校給食研究協議大会が開催されました



日 程 平成28年11月10日(木)~11月11日(金)
会 場 秋田県秋田市
主 題 『「生きる力」をはぐくむ食育の推進と学校給食の充実』
    ~食で学ぶ おいしい!楽しい!嬉しい!~
主 催 文部科学省、秋田県教育委員会、秋田市教育委員会、全国学校給食会連合会、公益財団法人秋田県学校給食会
後 援 秋田県小学校長会、秋田県中学校長会、秋田県高等学校長協会、秋田県学校給食協議会、秋田県学校栄養士会、秋田県PTA連合会
内 容
 学校における食育を推進する上で重要な役割を担う学校給食の在り方について研究協議を行い、併せて学校給食関係者の資質の向上を図る。を趣旨に秋田市にて開催されました。

 1日目は開会式の後、「平成28年度学校給食文部科学大臣表彰」表彰式が行われ、学校、共同調理場、功労者が表彰されました。
 続いて文部科学省 文部科学省初等中等教育局健康教育・食育課より「学校給食を活用した食育の推進」について説明がありました。
 特別講演では、料理研究家 ベリッシモ・フランチェスコ氏より「子どもたちの未来をつくる学校給食」についての講演がありました。

 2日目は7分科会に分かれ、各分科会テーマ(研究主題、研究協議事項)に関する研究発表と活発な意見交換がされました。

<各分科会テーマ>
第1分科会 小学校における学校給食を中心とした食育の在り方
研究主題「学校給食を教材として活用し、小学校における食育を推進するためにはどのようにしたらよいか。」

第2分科会 中学校における学校給食を中心とした食育の在り方
研究主題「学校給食を教材として活用し、中学校における食育を推進するためにはどのようにしたらよいか。」

第3分科会 学校経営における食育の在り方
研究主題「学校経営の中に食育を位置付け、栄養教諭を活用しながら食育を推進するためにはどのようにしたらよいか。」

第4分科会 学校給食における地場産物・国産食材の活用方策
研究主題「学校給食において、地場産物・国産食材の納入体制の整備及び活用を推進するためには、どのようにしたらよいか。」

第5分科会 学校給食における食物アレルギー対応の在り方
研究主題「食物アレルギーに対応した学校給食の提供及び個別的な相談指導はどのようにしたらよいか。」

第6分科会和食を中心とした献立の提供と栄養管理の在り方
研究主題「和食を中心とした献立作成と児童生徒の実態に基づく栄養管理を行うためにはどのようにしたらよいか。」

第7分科会 学校給食における衛生管理及び危機管理の在り方
研究主題「安全かつ安心な食材の選定及び衛生管理や危機管理を徹底するためにはどのようにしたらよいか。」

1日目は関連の展示が行われ、当協会は学校給食用優良食品(非常食)「救給(きゅうきゅう)カレー」「救給(きゅうきゅう)根菜汁」を紹介しました。